買い集めたキーボードをリサイクルショップで断捨離

仕事柄ということもあり、私はキーボードを集めるのが趣味でした。キーボードといってもパソコン用ではなくて、楽器のキーボードです。ピアノを教えていた私のレッスンルームには、鍵盤楽器が何台も置いてありました。使っている物もありましたが、箱に入れたまま押し入れに放置してある物もありました。

 

買う時は使おうと思って購入するのですが、少し使っていると飽きてしまったり、指導用に使ってみても、思ったほど効果が上がらなかった楽器が、所狭しと並んでいるのを見て、この際まとめて断捨離しようと思い立ちました。

 

大型の楽器は、楽器専門の買い取り業者に頼んで、家に査定に来てもらいました。電話でおおよその買い取り額は聞いていたので、納得できる値段で引き取ってもらいました。でもまだ部屋はスッキリとした感じがしません。そこで、残っていた小型のキーボードを、リサイクルショップへ持って行くことにしました。

 

折りたたみ式のキーボードや、CASIOやYAMAHAのキーボードを何台か車に積んでお店へ持っていきましたが、持っていくだけでもけっこう大変でした。リサイクルショップに次々と運び込むと、私のようなお客はめずらしいのか、店員さんも少し驚いているような感じでした。中には「これうちの子に欲しいわ」と言いながら、楽器を箱から出している女の店員さんもいました。

 

箱や説明書、買った時に入っていた付属品はすべて揃っていましたので、高く売れるといいなと思いながら、査定が終わるのを待っていました。待っている間に、楽器のコーナーへ行ってみると、いくつかギターが展示してありました。ギターは意外と高い値段で売られていることが分かりました。それだけ必要としている人がいるのかもしれません。

 

鍵盤楽器は私が持ち込んだ物より古いキーボードが置いてあるだけでした。しかも「この値段で売れるの?」と思うような値札が付いていました。その時はキーボードが1台しかありませんでしたので、良い物は売れた後だったのかもしれません。私は番号札を渡されていましたが、呼ばれるまでに時間がかかったので、店内を何周もぐるぐる見て回りました。

 

やっと番号を呼ばれて行ってみると、私が想像していたより高い額で買い取ってくれたので、思わずニンマリしてしまいました。自分が売った楽器のことが気になって、それから何度かお店へ行ってみましたが、すぐに売れたようでした。買ってくれた人が大切にしてくれたらいいなと思いました。