記念切手の買取りの値段について

記念切手を集めている人は多くいますが、切手そのものの価値は切手ブームが去った現代において価値が下がっていると言われています。
特に市場に大量に在る記念切手などの場合は額面を下回る値段で取引が行われることも珍しくありません。

 

しかしながら、切手買取りのお店は、切手1枚1枚を丁寧に取扱い、査定をしてくれます。
査定をして貰う場合は、切手を集めている時に利用していたストックブックに入れたままで持ち込むのが高く売るコツです。
これをビニール袋などに詰め替えてしまうと、目打ちが傷んでしまったり、切手の裏面の糊が他の切手とくっついてしまい価値を損ねる危険性が有るからなのです。

 

記念切手の中には額面を大きく上回るものもあります。
値段が高くなる条件と言うのは、発行枚数が少ないもの、そして事変などにより焼けてしまったものが多くある記念切手などの場合は買取りにおいての評価を高めることが出来るのです。

 

もし、買取りに出すのであれば、切手の専門店に持ち込めば、その切手の価値を熟知する目利きを行う人が適正な評価をしてくれますのでオススメです。

 

尚、値段は切手カタログなどを参考にする事でおおよその切手の価値を知ることが出来ますが、市場に多く存在している切手は安くなり、そうではないものは高い値段で買取りをしてくれると言った特徴を持ちます。

 

また、切手の買取りは単品の切手ではなく、シート単位になっている方が高く売ることが出来ます。
シートになっている事で、それをばらして単品で売ることが出来るからなのです。
また、シートになっていることで、切手の四隅の目打ちと呼ばれるギザギザの分がそのままの状態で維持されるので、切手の価値を損ねることなく価値が在る状態で取引が出来るなどのメリットを持ちます。

 

それ故に、切手は単品よりもシートの方が1枚あたりの単価が高くなると言った特徴が在ります。
また、シートで無くても四隅の余白がついている事で目打ちが綺麗な状態になっているので、評価を高めることが出来るなどの特徴もあるのです。