今も昔も、切手を購入しても使わずにコレクションとして残すという人は少なくありません。

ですが昔は切手集めが趣味で集めていたものの興味を失って放置していたり、亡くなった祖父や父親が切手の収集家であったものの、残された家族は切手に興味がなく、そのまま放置されていたりする事があります。そういった切手コレクションは、切手買取に出す事をおすすめします。そうすればお金に代えられるので放置しているよりも有意義な使い方が出来る上に、切手が欲しいと思っている人の手元に届ける事が可能です。
そんな切手買取ですが、どうせ売却するなら、出来るだけ高い価格で売却したいと考える人が多かったりします。ですが切手というのは、かなりの数存在しており、現在どの切手が価値があるのか、を判断するのは難しいです。なのでネットオークションではなく、切手買取店に行き、そこで買取を行う人も多かったりします。
ですがそんな切手買取店にも、注意が必要です。というのも中にはわざと相場よりも安い価格の査定を行った上で、もっともらしい説明をして、相場よりも安く買い叩こうとする悪質な店も存在するからです。だからこそ、切手買取を行う際にはまず、売却しようとする切手の相場価格を、ある程度掴む必要があります。
そして相場価格を掴む方法としておすすめなのが、出来るだけ多くの切手買取店に持ち込み、査定して貰う事です。そしてその上で、査定額を比較して行けば、相場価格というのを掴む事が出来ます。後は、安く査定してた店を避け、出来るだけ高く査定した店に売却すれば、切手を安く売却するという失敗を避ける事が可能です。
もっとも都市部で暮らす人なら、家の近所に切手買取を行う店が幾つもあったりするので、沢山の店に持ち込む事が可能です。ですが田舎で暮らす人は、沢山の店に査定を依頼したくても、切手を買取する店がろくになかったりします。なので田舎暮らしの人は、ネット上にある簡易査定や宅配買取を利用して、査定をして貰うという方法がおすすめです。